実はうつ病の仲間?【仮面デプレッションの症状を見逃さない】

サイトメニュー

ストレスの種類

悩む男性

実は自律神経失調症やうつ病に関係するストレスは4つの種類があるのです。その一つは、精神的ストレスです。もう一つは構造的ストレスといいます。そして3つ目は、化学的ストレスそして4つ目として、温度と湿度のストレスというものがあります。これらの4つのストレスの種類をきちっと理解し、考慮しなければうつ病や自律神経身長は真の原因を掴むことができずにすることができなくなってしまうのです。精神的ストレスとは感覚的に理解できると思います例えばあなたが嫌だなぁと思うような事は全てうつ病の原因となる精神的ストレスの原因になります。嫌いな人や、合わない人、そして生理的に受け付けないような人と接することが、あなたには精神的ストレスの大きな原因になります。また、過度に期待されることや、プレッシャーなども精神的ストレスになります。さらに孤独感や認めてもらえないとか自分をわかってもらえないといった自分の尊厳が傷ついてしまうようなことも大きな精神的ストレスの原因になります。また、精神的ストレスはその人の立場によって違ってきます。簡単な例で言いますと、食べるものさえ困っているような人にとっては辛いものがあるだけで精神的ストレスはなくなってしまいます。しかし、食べ物に困るような状況でない人は例えたいものがあったとしても、うつ病の原因となる精神的ストレスを感じてしまいます。また仕事がない人にとっては仕事があるだけで幸せですがいつでも仕事がある人にとっては仕事にやりがいや目標がなければストレスになってしまいます。つまりその人の状況によってうつ病の原因となる精神的ストレスは大きく違うのです。現代の日本では食べるものに困るような人が少なく、前日に書いたような孤独感や、認めてもらえないといた尊厳的なストレスが生まれやすい環境です。そのため、現代の日本ではそのようなストレスが原因でうつ病を発症してしまうことが多いのです。しかもそのような尊厳的なストレスが、最近では極端に強く感じてしまう環境になりつつあります。それは社会的にもありとあらゆるものがグローバル化によって競争社会となってしまいその結果として、逆に孤独感や認めてもらえないといったような尊厳的なストレスを強く感じやすい社会になっています。その結果として会社などに詰めている人たちが大きなストレスを感じてしまうことが原因で、最近ではうつ病を発症してしまう人が極端に増えているという状況なのです。うつ病の病状は増えてきていますが、うつ病と自覚する為にはうつ病の種類や症状を知る必要があります。仮面デプレッションなどは昔からあるうつ病ですが、症状が軽度な事から本人も周りも自覚がしづらい事が多いです。

栄養状態の不足やpm 2.0のような化学物質は化学的ストレスになるのです。自律神経失調症やうつ病になりやすい栄養素があり、それらの栄養素が原因でうつ病になってしまう場合もあります。温度や湿度は人間の体にとってはストレスになります。例えば、寒いとか熱いという状態は、その温度に対応するために、人間の体は多くのエネルギーを消費してしまいます。そしてそのエネルギーを消費し続けると何もやる気が起きなくなってしまうのです。このような温度と湿度のストレスが原因でうつ病が発症しやすくなるのです。湿度についても同様で、高すぎたり、低すぎたりした場合も同じようにストレスを感じます。たとえば鬱病や自律神経失調症になる人の中には冷え性になる人が多いのです。逆に言うと、人間の体が冷えてしまうとうつ病の症状は悪化しやすくなるため、そのような場合には、冷えることがうつ病の原因になっているため、体を温めることが必要になるのです。

Copyright© 2019 実はうつ病の仲間?【仮面デプレッションの症状を見逃さない】 All Rights Reserved.