実はうつ病の仲間?【仮面デプレッションの症状を見逃さない】

サイトメニュー

うつ病は女性に多い?

女性

女性は割り込み型脳という機能によって同時にさまざまなことを考えることができます。例えば誰かと話をしながらテレビに熱中したりというように、同時に色々なことを思い描くことができる能力を持っているのです。このような脳は色々な楽しいことを考えているときには、問題ないのですが、逆にネガティブなたくさんのことも同時に考えてしまいます。例えば仕事のストレスや家事のストレス、夫へのストレス、子供に対するストレス等々 、様々なストレスをいっぺんに抱えてしまうことになります。このようなことが原因で、女性はストレスが溜まりやすくうつ病になりやすい傾向があると言われています。つまり、逆に言えば様々なネガティブな事を同時に考えることもできるため、さまざまなうつ病の原因となるようなストレスを設置に抱え込んでしまう傾向にあるのです。これを脳機能学的ストレスといいます。この脳機能学的ストレスによって女性の方が男性よりも大きなストレスを抱え込む傾向にあるため、女性の方がうつ病発症しやすいと考えられるのです。一般的に知られているように女性の場合はホルモンの入れ替わりが激しいため、これ自体がうつ病の原因のストレスになります。これは生理学的ストレスと言われています。女性ホルモンのエストロゲンは神経伝達物質であるうつ病を緩和するセロトニンを通して感情に関わってきているのです。前述にも書きましたが、このすると人は心を明るくしたり興奮や不快感などを鎮静化する作用があるのですが、女性はもともとセロトニンの分泌量が男性よりも少ないのです。さらに月経前はエストロゲンの影響でセロトニンが減少するため、それが原因で落ち込みやすくなったりイライラしたりする原因になるわけです。そのことは決してその人の感情が乱れているわけでもないし性格に問題があるわけでもないのです女性の体は正常な働きが原因で感情が左右されてしまうのです。つまり女性のホルモンの変動時期はそのホルモンの変動が原因になって情緒不安定になるのです。そして、このホルモンの変動はストレスに耐える抵抗力を減少させてしまうため、女性は男性よりもうつ病になりやすいと言われています。

一般的に、女性はいつもたくさんのストレスにさらされているものです。例えば仕事のこと、夫のこと、子供の事、子供の友達のお母さんのことお姑さんのこと親の介護のこと7女性は、子育てや介護幼稚園、そして学校の役員などの有効であるため、いろいろな違ったうつ病の原因となるストレスを受けやすい環境にあります。これを社会的ストレスというのですが、女性の場合は男性と違って、年齢や環境に応じて特性であったり、社会人であったり、結婚すれば端であったり、主婦であったり、あるいは妊婦であったりをであったり、そして母親であったりと、その役割は非常に大きく変わってきます。人によっては一日中でも妻と労働者と母の役割と介護者としての役割を同時にこなさなければならないような人もいるでしょうそしてその役割はそれぞれ全く違うことを求められるため、これらの違った役割を同時進行はうつ病の原因となる非常に大きなストレスになる原因が多くあるわけです。このような異なった、うつ病の原因となるストレスをたくさん受けることが原因で情緒不安定になり、さらにはそのストレスに耐えきれずストレスに耐える抵抗力さえ低下する可能性があるわけです。そのようなことが原因で女性は男性よりもうつ病になりやすい環境に生活していると言って良いでしょう。普段からストレスを抱えやすい女性はストレスが日常化している分うつ病を発症しているという自覚がなくまた、仮面デプレッションのような症状だとさらに自覚がしにくいです。

Copyright© 2019 実はうつ病の仲間?【仮面デプレッションの症状を見逃さない】 All Rights Reserved.